レークヒル・ファーム-Lake Hill Farm

Slider

牛に寄り添い、ともに暮らす

北海道の南部、洞爺湖を真下に眺め、羊蹄山を望む高台にレークヒル・ファームはあります。私たち酪農家のスローライフな暮らしを体感して頂きたいという思いから、レークヒル牧場直営のジェラートショップとカフェを開設し、広々としたお花畑や牧草地のガーデンで、羊蹄山を眺めながらゆったりとお過ごしいただけます。

ジェラートショップやカフェから道を挟んで向かい側に広がるなだらかな丘に、レークヒル牧場があります。私たちの主体は、なんといっても酪農です。牧場としての営みがあってこそ、おいしい乳製品を作り、皆様に味わっていただくことができます。

牛は酪農家にとって大切なパートナー。牧場には90頭ほどの牛がいますが、おっとりした牛、好奇心が旺盛な牛、性格もさまざまでひとまとめにはできません。言葉が通じるわけではない分、一頭一頭、それぞれの牛の状態にあった餌を与え、人間と同様に健康に気を使います。レークヒル牧場にいる牛たちはとても元気で丈夫。たくさんの牛乳を出し、子供をたくさん産みます。特別そうなる秘訣があるわけではありませんが、洞爺湖の土地の利と、日々の努力の積み重ねです。

牛たちは夏場、朝夕の搾乳以外は放牧地でのびのびと自由に過ごします。牛舎で搾乳する時には、干し草や、トウモロコシや小麦、大豆などをミックスした配合飼料を食べます。食べたものが明日の体を作るのは牛も人間もみな同じ。良い牛乳つくりには、良い草つくりが必要です。良い草をつくるためには、良い土づくりが欠かせません。

将来的に配合飼料を今より減らし、100%自家牧場産の餌にしたいという目標があります。食を中心とした牛の暮らしを整えることが私たちの役割なのです。

酪農家のこうした営みがある事で、自分の手で搾った牛乳に自信を持って、安心・安全を提供することができます。牧場の一部であるショップやカフェでその美味しさや洞爺湖の美しい景観を味わい、牧場を感じていただけたら、これ以上に私たちの幸せはありません。